エックスサーバーに変えたから常時SSLにした話

@fukuhomu です。電車が空いてて快適なお盆の一日です。

エックスサーバーはSSLが無料

さくらのレンタルサーバからエックスサーバーに移転したわけですが、SSLはあんまり興味を持たないままエックスサーバーを選びました。

興味なかったんだけど、だけど、移転がひと段落した時、「無料だったらSSLもやっちゃう?」と思い立ってやりました、昨晩。

サーバー側の設定は瞬殺

サーバーに証明書あてる作業はもう作業と言えないレベルで楽勝。管理画面からクリックぽちぽちやったらあとは待つだけ。ありがとうエックスサーバー。

Wordpressテンプレートの書き換え

テンプレートで読み込まれるURLをhttp://からhttps://に変更するわけですが、ひたすら地道に1つずつ目視確認で変更していきます。でも何とかなります。大体つまづく時は自分でコードを書いたところです。糞コードで、ほんと、ごめん。

記事本文の置換

記事の中で読み込まれる画像と自サイト内のリンクをこちらもhttp://からhttps://に置換していくわけですが、こちらはプラグインの力を借ります。

Search Regexというプラグインで、ドメイン変更の際にはお世話になりました。ここで再会です。こちらの置換は楽勝。

と思いきや、置換できたはずなのに記事の編集画面開くと記事内のhttps://がhttp://に戻ってる。何これ。そのまま保存かけると見事にhttp://で保存してくれる…。

Search Regexって「コミット」必要なんだっけ?と思ってもう一回置換をかけようとするものの、一切ヒットしない。

\(^o^)/

どうやらテーブルのレコードは置換されてるらしい。

記事編集の度にhttp://に戻るのであれば、定期的にレコードにパッチかけなきゃダメなのかなー「運用対処」かよ気が重い…と諦めかけました。

諦めかけましたが!が! JetpackMarkdown記法使ってる場合は記事本文がもう1つのカラムに入ってるらしい。そんなん知るかよ!(笑)

Search Regexからはそのカラムを置換できないので、結局PHPMyAdminから直打ちでSQL叩いて一件落着。

Markdown誰も使ってなさそうだしオフにしようかね。

その他もろもろの小さな作業を終えて常時SSL化はフィニッシュです。

SSLに挑戦した意味

常時SSL化したのはTIKIKITI.JPというサイトですが、こちらは個人の旅行記をメインとするサイトで正直なところSNSでシェアとか全然期待できない分野!

Googleからの検索流入が生命線なので、常時SSLのウェブサイトが検索順位で優位だと聞いたら、すがりたいじゃん?

そんな不純な動機です。

まだ一部のページにhttp://が紛れ込んでてエラーが出てますが、ちゃんと直します。

旅行ブログ:TIKIKITI.JP

誰に話してもTwitterに書いても全く盛り上がらなそうな話題なので、ここに書きました。