劇団四季のノートルダムの鐘を観た話

@fukuhomu です。

新しもの好きなので劇団四季ノートルダムの鐘を観てきました。その話を書きたいと思います。

ディズニーが作るミュージカル

ディズニーのミュージカルといえば、真っ先に挙がるのは「ライオンキング」。これは、言うまでもなく、素晴らしいミュージカルです。

一方で(個人的に)イマイチなミュージカルもあって、例えば「美女と野獣」とか「リトルマーメイド」とか。

だから、「ノートルダムの鐘」を観るまで“どっちの”ミュージカルか不安だったのですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。

ミュージカルに求めるもの

ミュージカルに求めるものって色々あると思うんですよ。自分は、「映画が先に立つミュージカルに対しては映画と違うもの」を求めたいんです。

だから、映画をそのままミュージカルにしたかのような「美女と野獣」が好きじゃない理由の一つでもあります。

だってミュージカルの「ライオンキング」を観たことある人はわかると思うけど、あれは映画と全然違うでしょう? あれが動物の着ぐるみショーだったら名作と言われなかったと思わない? あれこそがミュージカルとしての芸術なのだと思っています。(たぶんここは賛否両論あり)

その意味で、「ノートルダムの鐘」はちゃんとしたミュージカルでした。重厚な音楽と歌声に必要最小限の舞台装置。シンプルな舞台なのにノートルダム大聖堂とパリの町並みで繰り広げられるドラマ、素晴らしかったです。

現実を突きつけられるドラマ

恥ずかしながら原作を読んでないので原作についてはさっぱり知らないのですが、「ノートルダムの鐘」で大きく取り上げられるのが「普通の人と普通ではない人の差とは何か?」というテーマ。(平易な言葉に意訳しすぎ?)

アニメーション版でも他のディズニーアニメーションには無いような重さがある本作ですが、ミュージカルではそれが更に色濃く出てきます。

このテーマがフィーチャーされるシーンの演出だけは、何も言わないのでとにかく観てほしい。

そして、知らず知らずのうちに囚われている自分の中の固定観念に裏切られてください。

でもまあとりあえず1つくらいはイチャモン付けておく

イチャモンつけるとしたら、一幕ちょっと長くない?\(^o^)/ 隣の人寝てた…(笑)

あとカラオケどうにかしてお願い!!!! やっぱり生オケにして!!

でもまあ、観てもないのに「生オケじゃないと嫌だ」ってそれだけで作品を全否定するような人が観ないで済むのであれば、それはそれでいいのかなwww

イチャモン2つだったわ。

あとやっぱりカーテンコール多いよ。

3つだったねー。